高速回転で工具や被加工物が摩擦熱を帯びるため、その「冷却」に使われるオイルや溶液をクーラント液と呼びます。検知装置は、クーラント液内に「透過率」「散乱率」「濃度」などの複数のセンサを浸しモニタリングするマルチセンサ。機械を止めることなくクーラントの状態を連続して監視することができます。

  • クーラントの劣化状態を定量的に
    検知する方法がない。
  • 精度や製造のばらつきに悩んでいるが、
    原因がわからない。
  • 熟練工でないと交換時期を判断できない。
    また、後継者も育てにくい。